My Profile

研究分野・所属学会・活動分野など

 研究対象は,経済学史とりわけケネー・スミスからマルクスにいたる再生産論の形成過程,ベンサムとマルクス,です。

 ここ数年のゼミでは「結婚」,「夫婦別姓」,「生活」,「ジェンダー」などをテーマに文献を輪読しています。再生産とは,本来「種の再生産」 と「財の再生産」とを含意していますから,一見無関係にみえる研究対象とゼミのテーマとは通底しています。

 経済学史学会経済理論学会政 治経済学・経済史学会(旧土 地制度史学会)経済学教育学会, マルクス・エンゲルス研究者の会,基礎 経済科学研究所,コンピュータ利用教育協議会【CIEC (Council for Improvement of Education through Computers)】(会誌『コンピュータ&エデュケーション』,東京電機大学出版局刊, の編集長(1996年から2008年まで)をつとめました)などに所属しています。(2010年3月現在,経済学史学会,経済理論学会,経済学教育学会の 幹事,コンピュータ利用教育協議会の理事,『マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究』誌の 編集委員をつとめています。)

 1999年7月に新しい研究会「メ ディアと経済思想史研究会」を立ち上げ,発起人のひとりとして加わりました。さらに,この研究会のメンバーとともに,作家・猪瀬直樹さんを編集長 とするメール・マガジン「日本国の研究 不安との訣別/再生のカルテ」の主 要執筆者 (2001 年3月6日に第1号が配信)と して参加しました。

 2001年9月11日は忘れられない日となりました。あのテロは絶対許されません。同時にそのテロへの反撃も,ましてやそれへの日本の軍事的 支援も許されません。私は,二つのアピールに署名しました。「無差別テロと軍事行動との悪循環を 断ちきる理性的行動を――日本の経済学者は世界の人々と諸国家に訴える――」【経済理論学会会員有志】,「無 差別テロと報復戦争に反対する――日本の経済学史研究者は世界に訴える――」【日本の経済学史研究者有志・呼びかけ人として加わる】。また、「意見広告」 「研究者は訴える。私たち研究者は対イラク戦争と日本の加担に再び反対します。」(2003年2月)と「意見広告」「国立大学法人法案に反 対する意見広告の会」(2003年5月)にそれぞれ呼びかけ人として加わり、意見を表明しました。さらに,「イラク意見広告の会」「自衛隊のイラク派遣を打ち切るよう求めます」に 賛同者として加わりました(2004年12月2日)。


発表物一覧





インタビュー
    1. 「わが大学の先生と語る」(全国大学生活協同組合連合会『季刊 読書のいずみ』第118春号,2009年3月,18〜25頁)
    2. 「MITオープン・コースウェア (OCW) の衝撃と展望」――宮川繁さん(MIT教授)に聞く――」(『コンピュータ&エデュケー ション』 第21号,東京電機大学出版局,2006年12月1日,3〜8頁)
    3. 「図書館の哲学――土屋俊さん(千葉大学附属図書館長)に聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』 第20号,東京電機大学出版局,2006年6月1日,3〜10頁)
    4. 「学術系リソースの可能性――岡本真さん(Academic Resource Guideの発行者=発行者)に聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』 第19号,東京電機大学出版局,2005年12月1日,3〜8頁)
    5. 「マイクロプロセッサの誕生と未来――嶋正利さん(ビジュアルテクノロジー社顧問,会津大学客員教授)に聞く――」(『コンピュータ&エ デュケーション』 第18号,東京電機大学出版局,2005年6月1日,3〜10頁)
    6. 「テキスト処理の技法と編集,出版のあらたな道――西谷能英さん(未來社代表取締役)に聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』 第17号,東京電機大学出版局,2004年12月1日,3〜7頁)
    7. 「ユニバーサルデザインの時代をめざして――『「誰でも社会」へ』の著者・関根千佳さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケーショ ン』第16号,東京電機大学出版局,2004年8月20日,3〜8頁)
    8. 「『インフォアーツ』とはなにか?――野村一夫さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第14号,柏書房,2003年5月 30日,3〜9頁)
    9. 「デジタルメディアの現在――服部桂さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第13号,柏書房,2002年11月29日, 4〜11頁)
    10. 「アリアドネがひらくインターネットの未来――二木麻里さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第12号,柏書房, 2002年5月31日,3〜9頁)
    11. 「新しい時代の異文化コミュニケーションをみつめて――鳥飼玖美子さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第11号,柏書 房,2001年 11月30日,3〜12頁)
    12. 「デジタル時代と新しい記憶装置――『本の未来はどうなるか』の著者 歌田明弘さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第 10号,柏書房, 2001年5月31日,3〜7頁)
    13. 「メディアと私たちの豊かな関係をめざして――『メディア・リテラシー』の著者 菅谷明子さんに聞く――」(『コンピュータ&エデュケー ション』第9号, 柏書房,2000年12月1日,3〜12頁)
    14. 「コンピュータ,インターネットとどうつきあうか――『季刊・本とコンピュータ』編集長 津野海太郎氏に聞く――」(『コンピュータ&エ デュケーション』 第8号,柏書房,2000年6月5日,3〜11頁)
    15. 「メディアの現在――作家 猪瀬直樹氏に聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第7号,柏書房,1999年11月30日,3〜 7頁)
    16. 「インターネット『宣言』,その後――村井純氏に聞く――」(『コンピュータ&エデュケーション』第6号,柏書房,1999年5月31 日,3〜7頁)
    17. 「こどもが見える,コンピュータが見える――山梨大学教育人間科学部附属小学校 奥山賢一氏に聞く――」(『コンピュータ&エデュケー ション』第5号,柏 書房,1998年11月30日,3〜9頁)
    18. 「ネットワークとコミュニティ――『インターネットが変える世界』,『インターネット活用法』の著者・古瀬幸弘氏に聞く――」(『コン ピュータ&エデュ ケーション』第4号,柏書房,1998年5月30日,3〜9頁)
    19. 「活字文化の未来を語る――京都・中西印刷専務 中西秀彦さんを訪ねて――」(『コンピュータ&エデュケーション』第3号,柏書房, 1997年11月30 日,3〜73)
    20. 「『いつでも,どこでも,誰でも』を目指して――東京大学総合研究博物館に坂村健先生を訪ねて――」(『コンピュータ&エデュケーショ ン』第2号,柏書 房,1997年6月30日,3〜7)頁

テレビ・ラジオ出演
  1. 「研究室からこんにちは」(南海放送広報ラジオ番組,2006.8.5および8.12放送)
  2. 「四国の大学キャンパス紹介 松山大学・愛媛大学・高松大学」(NHKいよかんワイド,2004.12.6放送)
  3. 「愛媛大学が変わる!!」(FM愛媛「トーク,出すぎちゃダメですか?」,2004.5.15,7:30-8:00放送)
  4. 「ある青春――難病と闘って逝ったある大学生の記録――」(南海放送,1997.3.26放送)


受賞歴
    1. 2009年度CIEC(コンピュータ利用教育協議会)学会賞・功労賞受賞(2009年8月10日)

Go back to Akamac Home Page