ruriko-image

Designed by Akama, Ruriko and Claudia Baumgard copyright 1995

Last modified, March 1, 2010; First started, October 1, 1995
THE 14TH ANNIVERSARY!!!!!!!!!!
MY HEARTFELT THANKS TO ALL VISITORS
Go to English version
Welcome to AKAMAC Home Page!

AKAMAC LOGO MARK (Shockwave)

このページは,愛媛大学法 文学部総合政策学科赤間道夫が作成しました。ご意見はakamac@ll.ehime-u.ac.jpに お願いしま す。


 このページは以下のところからawardされています。
 Open Here! / Academic Resources Channel / CAPA Research / AltaVista / LYCOS / Digital Text International / GALA'S BEST / StudyWeb / Polyconomics, Inc., / Episteme Links (Philosopy Resources on the Internet) / Kesher Net / The History/Social Studies Web Site for K-12 Teachers / MIT Undergraduate Economics Association / The Canny Link / Greatesthits / SunStar Tecnetronics / Britannica / ProsperNet / Yahoo!, Yahoo! JAPAN / Great Books Five Star Site / CSJ What's Best!
 なお,これらのロゴ・マークはまとめてAward Logo Imagesとして別のページにおいてあります。また,雑誌・書籍で言及・紹介されたもののうち,確認したものを Reviews by books or journals としてまとめておきます。

 頻繁に更新していますので,URL-Minderに 登録しておくと便利です。
 
 

AKAMAC E-text Links
ここから,私の関心のある経済思想史,社会思想史分野のE-textにリンクでき ます。現在,約170のリンクのほか,著 者の略歴と写真も掲載してあります。私のカバーできる範囲で新しいリンクを加え,また,必要な訂正を加えていきます。膨大な量のE-textが存 在するだけに,特定の分野にかぎったリンクはそれなりに有益だと考えています。幸い好評で,海外からのリンクも増えてきました。歴史資料・史料などへのリ ンクも計画しています。
  AKAMAC E-text

私のプロジェクトです。遅々たる歩みながら少しずつ充実してきました。かつて部分的ながら翻訳作業に関わったマルクスの『資 本論』のE-textです。ここで使用したテクス トは, 『マルクス=エンゲルス全集』版(ドイツ語第4版)です。すこしずつスピードアップして,このプロジェクトおよび教育・研究にもっと自由に使うことのでき るほかのE-textを作るつもりでおります。インターネットを通じての親しい友人であるHans Ehrbarはテクストファイルを送ってくれています。  
『資本論』と同様,Hans Ehrbarの協力をえて,『剰余価値学説史』のE-textを開始しました。
このたび新しくコーナーを作りました。著者の了解を得たペーパーなどを随時掲載していきます。
  • マルクス『資本論』第1巻 (全集第23巻)(ドイツ語)
  • マルクス『剰余価値学説史』第2分冊/第8章から第18 章まで (全集第26巻第2分冊)(ドイツ語)
  • ロルフ・ヘッカー,「コ ンピュータ愛好者よ,団結せよ! マルクス・エンゲルスのオンラインについて」『新しいドイツ』紙,1998年2月24日号(ドイツ語)
  • ハンス G. アーバー,『マルクス 資本論注解』,アメリカ・ユタ大学経済学部の資料(ドイツ語と英語のバイリンガル版と英語版。pdfファイル)
  • 1starAKAMAC Open Course Ware
    MITで始めたプロジェクトのAKAMAC版で す。日本でも京都大学のプロジェクト(KUOCW)などが始まりました。愛媛大学でもこのプロジェクトを始めてもらいと思っています。さしあたり,ここに 個人としてささやかながらOCWを試みていきます。講義のレジメをpdfファイルなどで提供しています。自由にダウンロードしてください。
      akamac book review(ブログ版)
    これまで書いた書評や本の紹介をブログで紹介しています。ブログ版のみ のものも充実させますので,ご参照ください。
    『マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究』
    『マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究』 は,日本の研究グループである「マルクス・エンゲルス研究者の会」によって編集・出版されています。東京・八朔社から,季刊としてほぼ定期的に刊行されて います。ここでは最近号の内容紹介と既刊号の目次を紹介します。

    メー ル・マガジン「日本国の研究 不安との訣別/再生のカルテ」
    編集長:猪瀬直樹(作家)。2001年3月5日正午から受付開始,3月 6日第1号のメールが配信されます。週3回発行で,経 済問題を中心に,単なる時論ではなく,歴史的な展望の中で問題を位置づけ,さらに混迷する現代の諸問題への処方箋を考えていきます。コンセプトは「ジャー ナリズムと歴史学との新しい総合」です。ぜひ講読なさってください。無 料ですが,うえのウェブで事前登録が必要です。
    現在は書評欄がなくなり,週1回の配信になっています。毎週,経済学者,経済学史家,エコノミスト,官庁・政府系エコノミスト,またジャーナリスト多数に よる寄稿,座談 会,本邦初の査読制をもうけた書評,など構成されていました。私は主要執筆者としてこのメール・マガジンに加わっていました。

    JSHET
    JSHETとは,日本の経済学史学会 (The Japanese Society for the History of Economic Thought)のことです。1997年5月27日念願のホームページができました。他のメンバーとともにJSHETのホームページの作成・維持に携わっ ています。また,メーリング・リストの世話人をしております。


    アピール

    3-D type graphics by Harlan Wallach copyright 1994
    Inline arts etc. by Gilbert's Icon Archive copyright 1995