Althusser, L (1918.10.16-1990)
 フランスのマルクス主義哲学者。エコル・ノルマル卒業。同校哲学教師(1948来)。同年よりフランス共産党員。主著『甦るマルクス』Pour Marx, 1965でマルクスにおける「認識論上の切断」を唱え,弟子バリバールらとの共著『資本論を読む』Lire "le capital", 1965, 2nd ed. 1968でヘーゲル主義との断絶のもとにマルクスの構造論的読解を提示した。『レーニンと哲学』Lénine et la philosophie, 1969などで哲学と科学の関係および哲学の政治的本質を捉え直す。人間主義を斥ける独自のマルクス主義理論および実践は,多くの論議を呼んでいる。70年前後の政治的状況をふまえた自己批判を介して,党の変革を訴えた。[主著]前記のほか;Réponse à John Lewis, 1973; Philosophie et philosophie spontanée des savants, 1974; Élements d'auto-critique, 1974; Ce que ne peut plus durer dans le parti communiste, 1978.(岩)


Lenin och filosofin (algonet.se) (Swedish text) Franska originalets titel Lénine et la philosophie. Översättning Anders Ekman. Första upplagan Augusti 1969.
För Marx (algonet.se) (Swedish text)
Kapitalets objekt (algonet.se) (Swedish text)


Go back to Akamac E-text Links