Anderson, J (1739-1808.10.15)
 イギリスの経済学者。アバディーンシャーで300エーカーの農場を貸借し,農芸化学の成果と農業機械の採用とによる経営に成功し,同時に農芸学,地代論等に関する研究を発表した。のちエディンバラ近郊に移り (1783),地代,小作,穀物条例,穀価,移民,湿地の排水,酪農等の農業問題に関する多数の著書を刊行,またRecreation in Agricultureを創刊した。地代の起因が土地の肥沃度にあることを明らかにし,リカードウマルサスの差額地代論の基礎を提供した。[主著]Observations on the means of exciting a sprit of national industry, 1777; An enquiry into the nature of the Corn Laws, 1777.(岩)


Extract from An Inquiry into the Nature of Corn Laws (1777) (socsci.mcmaster.ca)
Extract from An Inquiry into the Nature of Corn Laws (1777) (ecn.bris.ac.uk)
Extract from An Inquiry into the Nature of Corn Laws (1777) (unimelb.edu.au)


Go back to Akamac E-text Links