Photo by Duke University
Carey, H. C (1793.12.15-1879.10.13)

 アメリカの経済学者。その父 (Mathew C. 1760-1839)は書籍商を営み,文筆をたしなんでいた。彼も最初に書籍商や出版業を経営していたが,のち実業界から引退 (1835),専ら著述に従った。ヨーロッパ旅行 (25;57;59)を通じてJ. S. ミル等と交遊した。彼は科学のェ部門にわたって広い知識をもっており,また1842年頃以後は国民主義の立場からスミスリカードウの古典派経済学を批判し,保護貿易論を主張した。[主著]Essays on the Rate of Wages, 1835; Principles of Political Economy, 3 vols., 1837-40; The Principles of Social Science, 3 vols., 1858-59.



Extract from The Harmony of Interests: Agricultural, Manufacturing & Commercial (1851) (grid.let.rug.nl)
Extract from The Slave Trade, Domestic and Foreign (1853) (grid.let.rug.nl)

Other Image
Portraits of Famous Economists (bus.lsu.edu)


Go back to Akamac E-text Links