Diderot, D (1713.10.5-84.7.31)
 フランスの哲学者,文学者。ラングルに生る。クレルモン学院で古典学,自然学,哲学を学び,同市に定住して,文筆生活を営み,ルソーコンディヤックと相知る (42)。シャフツベリの『徳と真価についての研究』Inquiry concerning vietue and merit , 1699を翻訳し (45),神学と狂信を批判して理神論に達したが,『盲人書簡』Lettres sur les aveugles , 1749で唯物論および無神論の傾向を示し,このため一時投獄された。これよりさき『百科全書』Encyclopédie, ou Dictionaaire raisonné des sciences, des artes et de métiers , 1751-72の編集を企て,ダランベールを協力者としてモンテスキュー,ビュフォン,ルソーケネー,ドルバックら多くの寄稿を得て,前後21年を費やした。そのうち第8巻以後は秘密出版であったが,本文17巻を完成 (66),更に図版11巻を出した。この巨大な全書の内容は中世的偏見の打破,宗教の批判,教会および専制政治への反対をふくんでおり,18世紀の思想運動に重大な寄与をなした。この間にもディドロは多くの著作を書き,グリムの『文芸通信』Correspondance littéraire にも寄稿し (59来),またロシアのエカテリーナ二世から年金を支給されて (65),ペテルブルグにも赴いた (73)。ディドロの唯物論は数学的物理学よりは化学,生物学に基づき物質を多くの異質的原子の結合とし,原子に潜在的感覚を想定して意識の発現を説明した。文学者としては戯曲,批評,小説に多くの作品があり,前代の貴族的古典主義に反対して市民的リアリズムを示した。[主著]前記のほか:哲学:Pensées sur l'interprétation de la nature , 1754; Le rêve de d'Alembert , 1769; Supplément au voyage de Bougainville , 1772; Eléments de physiologie , 1774-80. 戯曲:Le fils naturel , 1757; Le père de la famille , 1758. 小説:La religieuse , 1760; Le neveu de Rameau , 1761-74; Jacques le fataliste , 1773. 評論:Paradoxe sur le comédien , 1773; Salon , 1759-81. [全集]J. Assézat et M. Tourneux (ed), 20 vols., 1875-77; Correspondance , G. Roth et G. Varloot, 13 vols., 1955-70. (岩)


Lettre sur le commerce des livres (cedric.cnam.fr)
Pensées sur l'interprétation de la nature (cedric.cnam.fr)
Jacques le fataliste et son maître (cedric.cnam.fr)
Le neveu de Rameau (1762) (cedric.cnam.fr)
Supplément au voyage de Bougainville (cedric.cnam.fr)


Go back to Akamac E-text Links