Photo by humanum.arts.cuhk.hk
Feuerbach, L. A (1804.7.28-72.9.13)

 ドイツの哲学者。ランツフート (Landshut)に生れ,ハイデルベルク大学でダウプに神学を,ベルリン大学で (1824-28)ヘーゲルに哲学を学んだ。就職論文「一つの,普遍的な,無限な理性について」De ratione una, universali, infinita, 1828.でエルランゲン大学の講師となったが (28),匿名の著書『死と不死についての思想』Gedanken ueber Tod und Unsterblichkeit , 1830.におけるキリスト教批判によって教職を辞することとなり (32),以来ニュルンベルク付近のブルックベルク (Bruckberg)で著作活動に専心し (36-),主著『キリスト教の本質』Das Wesen des Christentums , 1841.が生れた。のちに学生の要望によってハイデルベルク大学の冬学期 (48-49)に宗教の本質についての公開講義をしたこともあったが,晩年は同じくニュルンベルク付近のレッヘンベルク (Rechenberg)に移り (60-0,貧困のうちに死んだ。彼は初め忠実なヘーゲル学徒として出発し,哲学史の研究に従事したが,やがてヘーゲル哲学との訣別によって明白な唯物論の立場にたち,ヘーゲルの汎論理主義的な観念論とは反対に認識や道徳の問題をすべて感性的な具体的,自然的な人間の見地から考察し,自己の哲学も「人間学」Anthropologieであるとした。しかし最も大きな影響を与えたのは彼の宗教批判であり,神およびすべての宗教的表象は,現世における人間の苦悩や願望や理想の観念的な反映であり,人間の自己疎外の姿にほかならず,人間はこの疎外された自己を再び取りもどすことによって真の現世的な幸福を得るとした。彼はヘーゲル左派の最も急進的な思想家であり,青年時代のマルクスおよびエンゲルスに多大の影響を与え,またケラーも彼の講義 (48)から強い感銘をうけた。[主著]前記のほか;Geschichte der neueren Philosophie von Bacon von Verulam bis Spinoza , 1833; Darstellung, entwicklung und Kritik der Leibniztschen Philosophie , 1837; Pierre Bayle , 1838; Vorlaeufige Thesen zur Reform der Philosophie , 1842; Grundsaaetze der Philosophie der Zukunft , 1843; Das Wesen der Religion , 1845; Vorlesungen ueber das Wesen der Religion , 1851; Spiritualismus und Materiallismus , 1866.[全集]著者編,10巻,1846-66;W. Bolin, F. Jodl共編,10巻,1903-11.(岩)


Principles of the Philosophy of the Future (section 18) (1843) (werple.net.au)
Principles of the Philosophy of the Future (section 19-30 Critique of Hegel) (1843) (werple.net.au)
Principles of the Philosophy of the Future (section 31-65 Principles) (1843) (werple.net.au)
The Essence Of Christianity In Relation To The Ego and Its Own (1845) (ee.washington.edu) Taken from The Philosophical Forum, Volume 8, number 2-3-4, 1976; Translated by Frederick M. Gordon

More Information
The Egoist Archive (ee.washington.edu)
DIALECTICAL LOGIC (werple.net.au) from Eleven Essays by E. V. Ilyenkov (1974)


Go back to Akamac E-text Links