Hutcheson, F (1694.8.8-1746)
 イギリス(アイルランド)の哲学者。グラスゴー大学に学び,のち同大学の道徳哲学教授 (1729来) となり, (A. A.C.) シャフツベリの学説の体系化と普及に努力した。道徳の根源は師と同じく「道徳的感覚」に求められ,これによって「最大多数の最大幸福」をめざす好意が是認され,自愛の感情と共に同感の感情が人間に内在されるとされる。美の諸理念を感じる能力もまた一切の利害をこえた内面的な直接感情に求められている。彼の倫理説は,スミスヒュームに,また彼の美学説はカントや (J. G. v) ヘルダーにも影響した。[主著]Inquiry nto the Original of Our Ideas of Beauty and Virtue, 1725; Essay on the Nature and conduct of the passions and Affectations, 1728; A System of Moral Philosophy, 1755.(岩)


Remarks upon the Fable of the Bees (1750) (socsci.mcmaster.ca)
Remarks upon the Fable of the Bees (1750) (ecn.bris.ac.uk)
Remarks upon the Fable of the Bees (1750) (unimelb.edu.au)


Go back to Akamac E-text Links