Photo by McMaster University, Canada
Jevons, W. S (1835.9.1-82.8.13)

 イギリスの経済学者,論理学者。ロンドン大学で自然科学を専攻し,卒業後はオーストラリアに渡って王立造幣局の検定技師となり,同時に気象学の研究を行った。その間次第に経済学に興味をもち,再び大学に戻って (1859)経済学と論理学を研究し,また統計学をも手がけた。マンチェスター大学のオーエンズ・カレッジ (63-76)やロンドン大学 (76-80)で教えたが,健康を害して職を退き,かねての計画であったPrinciples of economics (H. Higgs (ed), 1905を完成することなく,誤って溺死した。論理学でも多くの業績を残したが,経済学では限界効用学派創始者の一人として名高い。商品の価値が,生産費によるよりは限界的な効用によって決定されるという考え方である。そのほかにも,石炭問題に関する極めて実証的な研究The coal question, 1865,イギリスの物価指数の算定Investigations in currency and finance, 1884,太陽の黒点と景気循環との間接的関連に関する研究等があり,現在なお彼の名と結びついた多面的な業績を残している。[主著]前記のほか:The theory of political economy, 1871; Money and the mechanism of exchange, 1875; Pure logic, 1864; The principles of science, 2 vols., 1874; Letters and journals of W. S. Jevons, 1886.(岩)


Brief Account of a General Mathematical Theory of Political Econmy (socsci.mcmaster.ca) Journal of the Royal Statistical Society, London, XXIX, June, 1866
Brief Account of a General Mathematical Theory of Political Econmy (ecn.bris.ac.uk) Journal of the Royal Statistical Society, London, XXIX, June, 1866
Brief Account of a General Mathematical Theory of Political Econmy (unimelb.edu.au) Journal of the Royal Statistical Society, London, XXIX, June, 1866

Other Reference
William Stanley Jevons Homepage (home.tvd.be) リンク集のほか,ジェボンズの略歴,二次資料のリソースがあります。Bert Mosselmansに感謝します。

Other Image
Hall of Economists (wiso.uni-erlangen.de)


Go back to Akamac E-text Links