Kovalevsky, M (1851.9.8-1916.4.5)
 ロシアの歴史家,社会学者。自由主義者の理由でモスクワ大学比較国法,法制史教授 (1877-87)の地位をおわれ,パリに移って (87),諸大学の講壇に立つと同時に,亡命自由主義者の中心となった。1905年の革命後帰国し,自由主義的な民主改革党を組織して最初の国会議員となり,のちペテルブルグ大学教授 (06),国家評議会議員 (07)。彼の主著『現代民主主義の起源』 (4巻,1895-97)は,フランス立憲議会の活動とベネチア共和国の没落を分析しながら,法の前の平等,人民主権の概念の発展を追求した。また大著『資本主義発生以前におけるヨーロッパの経済的発展』 (3巻,1898-1900)は,ヨーロッパ経済の発展をゲルマン法とローマ法の葛藤のうちに追求し,その主たる原動力を人口密度の増大においた。[主著]前記のほか:Tableau des origines et de l'evolution de la famille et de la propriete, 1890; Russian political institutions, 1902; La France economique et social a la veille de la Revolution, 2 vols., 1809-11.(岩)


Modern Customs and Ancient Laws in Russia (1891) (Lecture I - VI) (socsci.mcmaster.ca)
Modern Customs and Ancient Laws in Russia (1891) (Lecture I - VI) (ecn.bris.ac.uk)
Modern Customs and Ancient Laws in Russia (1891) (Lecture I - VI) (unimelb.edu.au)


Go back to Akamac E-text Links