Photo by McMaster University, Canada
List, F (1789.8.6-1846.11.30)
 ドイツの経済学者。皮鞣工の子。独学して官吏登用試験に合格し,のちテュービンゲン大学行政学教授 (1817)。ドイツの関税統一を図り「ドイツ商工業連盟」を結成して (19),ドイツ連邦内における関税撤廃および適度の保護関税設置のために闘ったが,そのためヴュルッテンブルク政府と対立して職を免ぜられ (20),アメリカに渡航,ジャーナリストとして保護関税の必要を力説し,またスミスの「万民の経済学」を批判して独自の国家主義的経済理論の樹立に努めた。ライプチヒ駐在のアメリカ領事として帰国し (30),ドイツの統一,保護関税,鉄道建設等の実現を目的とする政治活動に従い,「ドイツ関税同盟」が成立するや (34),選ばれてヴュルッテンブルクの議会に入り,官僚主義を攻撃し,そのために迫害をうけ,パリ,ついでアウグスブルクで著述に従事したが,不眠症にかかりピストル自殺を遂げた。彼は自由貿易論を主張し,また国民生産力の発展を重視して独特の経済発展理論を提唱,また経済学に歴史的方法を導入して,ドイツ歴史学派の先駆者となった。[主著]Das nationale System der politischen konomie, 1841; Die Ackerverfassung, die Zwergwirtschaft und die Auswanderung, 1842; Die politisch-嗅onomische Nationaleinheit der Deutschen, 1846; Outlines of American political economy, 1827.(岩)


The National System of Political Economy (Part 1-4) (socsci.mcmaster.ca)
The National System of Political Economy (Part 1-4) (ecn.bris.ac.uk)
The National System of Political Economy (Part 1-4) (unimelb.edu.au)

Other Images
Hall of Economists (wiso.uni-erlangen.de)
Portraits of Well-known Economists (econ.duke.edu) Duke University
Portraits of Famous Economists (bus.lsu.edu)


Go back to Akamac E-text Links