Photo by McMaster University, Canada
Maine, H. J. S (1822.8.15-88.2.3)
 イギリスの法律学者,社会学者。ケンブリッジ大学私法教授 (1847-54),その間,法学院 (Inns of Court)におけるローマ法の講義をまとめた主著『古代法』Ancient law, 1861は,歴史法学の古典的著作となった。インド総督府法務官としてインドに赴任 (63-69),インド諸法案の起草および法典化に尽した。帰国してオックスフォード大学比較法律学教授となり (69-78),インド在任中のインドの土地制度,村落共同体に関する豊富な知識を基礎としたその講義は,『村落共同体』Village communities, 1871,『初期法律及び慣習論』Dissertations on early law and custom, 1883などにまとめられた。ケンブリッジ大学のトリニティ・ホールの学長 (77),ついで同大学国際法教授となったが (87-),フランスのカンヌ避寒中に没。イギリス歴史法学派の創始者として知られ,歴史的・比較法学的方法により,原始法から成熟法への発展過程を分析し,文明の起源を探求,法制史,社会史の分野に新生命を与えた。また原始社会の基本的単位に家父長制を置き,モーガン,バハオーフェン等の母権制理論に対置される。[主著]前記のほか:Early history of institutions, 1875; Popular government, 1885; International law, 1888.(岩)


Ancient Law (1861) (Chapter 1 - 10) (socsci.mcmaster.ca)
Ancient Law (1861) (Chapter 1 - 10) (ecn.bris.ac.uk)
Ancient Law (1861) (Chapter 1 - 10) (unimelb.edu.au)
Lectures on the Early History of Institutions (1875) (Lecture 1 - 13) (socsci.mcmaster.ca)
Lectures on the Early History of Institutions (1875) (Lecture 1 - 13) (ecn.bris.ac.uk)
Lectures on the Early History of Institutions (1875) (Lecture 1 - 13) (unimelb.edu.au)
International Law (1887) (socsci.mcmaster.ca)
International Law (1887) (ecn.bris.ac.uk)
International Law (1887) (unimelb.edu.au)


Go back to Akamac E-text Links