Mandel, E (1923.4.4-1995)
 ベルギーの経済学者。フランクフルト生れ。ブリュッセル自由大学を卒業後,パリに留学。第二次世界大戦中レジスタンスに参加し,ナチスに捕らわれる。戦後週刊紙「左翼」 (La Gauche)(1957年創刊)の編集に携わり,ベルギー労働組合連盟の経済委員を勤める。急進的マルクス主義の立場に立ち,最左派の運動を指導。マルクス経済学および現代資本主義にかんする著作が多数ある。[主著]『現代マルクス経済学』Traité d'économie marxiste, 1962; 『カール・マルクスLa formation de la pensée économique de Karl Marx, 1967; 『後期資本主義』Der Spätkapitalismus: Versuch einer Erklärung, 1972; 『ユーロコミュニズム批判』Critique de l'eurocommunisme, 1978.(岩)


Introduktion till marxismens ekonomiska teori (algonet.se) (Swedish text)


Go back to Akamac E-text Links