More, T (1478.2.6-1535.7.6)
 イギリスの政治家,聖人。オックスフォード大学に学び,エラスムスと相識り (1499),その交友は彼の死まで続いた。カルトジオ修道会に入る (同-1503)。下院議員 (04),ロンドン副長官 (10)。その著『ユートピア』Utopia, 1516により,理想的な国家像を描いた。大法官となったが (29),たまたまヘンリ八世の離婚問題が教皇との間に政治的葛藤を生じ,カトリック的立場にある彼は両者の板挟みになり,大法官の職を辞したが (32),王の離婚に反対したため大逆罪に問われ,遂に処刑された。彼はルターの福音主義を否定し,カトリック的なヒューマニズムによる平和と社会正義とを求め,世間的には敗北したがその精神的遺産は後代に大きな影響を与えた。[主著]前記のほか:Life of J. Picus, 1510; Dialogue of comfort against tribulation, 1535; History of Richard III, 1543.[文献]R. W. Chambers, Sir Th. M., 1935.(岩)


Utopia (wiretap.spies.com)
Utopia (humanum.arts.cuhk.hk)
Utopia (std.com)
Utopia (columbia.edu)
Utopia (notredame.ac.jp)
Utopia (hss.cmu.edu)
Utopia (ox.ac.uk) lingua latina scriptum

Other Information
THE SOCIETY FOR UTOPIAN STUDIES (utoronto.ca)


Go back to Akamac E-text Links