Rae, J (1796-1872)
 スコットランドに生れ,アバディーン大学で修学したのちカナダへ渡ったが,その後結局アメリカへ移り住んだ。「アメリカ体制」派経済学者の一人であるが,とりわけ資本については鋭い分析を示し,ボェーム=バヴェルクの先駆的見解を表明した人として注目される。
 Statement of Some New Principles of Political Economy, Boston, 1834)『経済学新原理』はまずスミス批判を展開して,個人の富は獲得によって増大するが国民の富は創造によって増大すると主張して,国民的生産力の育成の必要を説き,保護貿易を論結している。また資本の性質とその増殖とをスミスのように個人的な節約や蓄積に求めずに,社会関係に求め,さらに資本利子の本質を現在財と将来財とに対する価値認識上の社会心理的差異に求めている。この後者はとくにボェームの出現以降,世の注目を集め,ミックスター (C. W. Mixter) は本書を Sociologicl Theory of Capital と改題して出版 (1905) した。(学)


Some New Principles of Political Economy (socsci.mcmaster.ca) Entered according to the act of Congress in the year 1834, by HILLIARD, GRAY, & Co. in the Clerk's Office of the District Court of the District of Massachusetts
Some New Principles of Political Economy (ecn.bris.ac.uk) Entered according to the act of Congress in the year 1834, by HILLIARD, GRAY, & Co. in the Clerk's Office of the District Court of the District of Massachusetts
Some New Principles of Political Economy (unimelb.edu.au) Entered according to the act of Congress in the year 1834, by HILLIARD, GRAY, & Co. in the Clerk's Office of the District Court of the District of Massachusetts


Go back to Akamac E-text Links