Photo by Duke University
Say, J. B (1767.1.5-1832.11.15)

フランスの経済学者。保険会社員,ジャーナリスト(1790頃来)となり,ついでナポレオン執政政府の法制委員会委員(99来)。スミスの『国富論』に傾倒し同書を体系化・通俗化した主著『経済学』Traité d'économie politique, 1803を発表したが,そのうちの財政論によって,ナポレオン一世の圧迫をうけ辞職。のちコレジュ・ド・フランスの教授となり (1830)経済学を講じた。彼は初めて経済学を富の生産,分配,消費の3部門に分かち,かつ生産において自然力,資本,労働の3要素が共同作用することを唱えた。またマルサスに反対して,『マルサス氏への書簡』Lettres à M. Malthus sur différents sujets d'économie politique, notamment sur les causes de la stagnation générale du commerce, 1820で,生産物は生産物と交換され,供給は必然的にそれに相等しい需要を作りだすという「販路説」に基づき,一般的恐慌を否定して部分恐慌を主張した。[主著]前記のほか:De l'Angleterre et des Anglais, 1815; Cours complet d'économie politique pratique, 18=28-29.(岩)


Traité d'économie politique (gallica.bnf.fr) (publ: publ. par Horace Say. Paris: INALF, 1961-. Reprod. de l'éd. de Paris: Bulnaumin, 1841))
Letters to Malthus (1821) (socsci.mcmaster.ca)
Letters to Malthus (1821) (ecn.bris.ac.uk)
Letters to Malthus (1821) (unimelb.edu.au)


Go back to Akamac E-text Links