Taylor, F. W (1856.3.20-1915.3.21)
 アメリカの機械技師。21歳でミッドヴェル製鋼会社に旋盤工として入社,のち技師長となった。生産の合理化には経営組織や人事管理が必要であるとし,一般に「テーラー・システム」とよばれる科学的経営管理法を創案し,後の「フォード・システム」と共に世界産業界に大きな影響を与えた。また多年金属切削速度の実験研究を行い (1880来),ホワイト (Maunsel White)と共に発明した (98)高速度鋼は,工具の切削速度を驚異的に高めた。[主著]Shop Management, 1911; The Principles of Scientific Management, 1911.(岩)


The Principles of Scientific Management (1911) (socsci.mcmaster.ca)
The Principles of Scientific Management (1911) (ecn.bris.ac.uk)
The Principles of Scientific Management (1911) (unimelb.edu.au)

Other Information
The F. W. Taylor Project (stevens-tech.edu)


Go back to Akamac E-text Links