Photo by Duke University
Wagner, A. H. G (1835.3.25-1917.11.8)

 ドイツの経済学者。後期歴史学派に属し,講壇社会主義右派の代表者。ベルリン大学教授 (1870-1917)として経済学,財政学,統計学を講じた。社会政策学会の創立 (1873)に参与したが,その保守的な立場がシュモラー,ブレンターノと相容れず,脱退した (77)。シュテッカーと共にキリスト教社会党を結成して (78),総裁となる (81)。下院議員 (82-85),上院議員 (1910-17)。マルクス主義と自由主義に反対し,ロードベルトゥスおよびラッサール風の国家社会主義を提唱。彼の財政学は,ドイツおよびヨーロッパ諸国に影響を与えた。[主著]Lehrbuch der politischen Ökonomie, 1876; Finanzwissenschaft, 4 vols, 1877-1901.(岩)


"On Marshall's Principles of Economics" (socsci.mcmaster.ca) Quarterly Journal of Economics, volume 5, 1891, pp. 319-38.
"On Marshall's Principles of Economics" (ecn.bris.ac.uk) Quarterly Journal of Economics, volume 5, 1891, pp. 319-38.
"On Marshall's Principles of Economics" (unimelb.edu.au) Quarterly Journal of Economics, volume 5, 1891, pp. 319-38.


Go back to Akamac E-text Links