Photo by Queen's University at Kingston
Walras, M. E. L (1834.12.16-1910.1.4)

 フランスの経済学者。主として自然科学の教育をうけ,のち社会科学者に転じたが成功せず,評論家としても失敗し,ついで鉄道会社や銀行に勤務後,ローザンヌ大学に新設された政治経済学を担当 (1870-93)。経済学者としては,シュンペーターにより,ケネーやクールノーと並びフランス三大天才の一人に数えられ,一般均衡理論学派またはローザンヌ学派の始祖と呼ばれる。ジェヴォンズ (K.)メンガーと共に限界効用価値説の発見者とされているが,この同一結果に達した出発点や方法は非常に異なる。彼はクールノー需要曲線批判から出発し,個人企業と完全競争の条件の下での商品の均衡価格決定の理論を追求しつつ,多数財の交換にまで拡張して抽象的な一般均衡論を確立した。抽象的な理論家であると共に,またいわゆる合理主義的な社会改革論者でもあった。土地国有論を理論的にも擁護し,結果としての個人の地位は不平等になっても出発点としての機会は平等であるべきだと主張し,また将来の望ましい経済制度の型としては,価格のメカニズムを十分に活用するような自由制社会主義の立場を支持した。[主著]El塾ents d'縦onomie politique pure, 1874-77; Th出rie de la monnaie, 1886; Etudes d'縦onomie sociale, 1896; Etudes d'縦onomie politique appliqu銃, 1898.(岩)



L'Ètat et les Chemins de Fer (socsci.mcmaster.ca)
L'Ètat et les Chemins de Fer (ecn.bris.ac.uk)
L'Ètat et les Chemins de Fer (melbecon.unimelb.edu.au)
Notice autobiographique (unil.ch) Publié in: William Jaffé (éd.), Correspondence of Léon Walras and Related Papers , North-Holland Publishing Company, Amsterdam, 1965, vol. I, pp. 1-15.


Other Information
Léon Walras - Selected primary works (socsci.mcmaster.ca)
Léon Walras - Selected primary works (ecn.bris.ac.uk)
Léon Walras - Selected primary works (unimelb.edu.au)
Centre d'études interdisciplinaires Walras-Pareto (unil.ch)
Centre Auguste et Léon Walras de Lyon (mrash.fr)
Website Dedicated to Léon Walras (1834-1910) and Walrasian Economics (econ.jhu.edu)


Go back to Akamac E-text Links