Wicksell, J. G. K (1851.12.20-1926.5.3)
 スウェーデンの経済学者。初めウプサラ大学で数学を専攻し,のち経済学に転じた (1885)。ルンド大学教授 (1900-16)。経済学におけるスウェーデン学派の始祖とも呼ばれ,多くの点で1930年代のケインズの新しい理論と一脈通じている。自然利子と貨幣利子の概念を区別していわゆる「貨幣均衡論」を発展させ,自由競争が生産を極大化することはあっても必ずしも社会構成員の満足度を極大化するとは限らないという点を明らかにし,分配論における限界生産力の位置づけを明確にした。『経済学講義』Foerelaesningar i nationalekonomi, 2 vols., 1901-06は現在でも十分な近代性をもっている。[主著]Ueber Wert, Kapital und Rente nach den neueren nationaloekonomischen Theorien, 1893; Geldzins und Gueterpreise, 1898.(岩)


The Influence of the Rate of Interest on Prices (socsci.mcmaster.ca) Economic Journal, vol. 17, 1907
The Influence of the Rate of Interest on Prices (ecn.bris.ac.uk) Economic Journal, vol. 17, 1907
The Influence of the Rate of Interest on Prices (unimelb.edu.au) Economic Journal, vol. 17, 1907


Go back to Akamac E-text Links