Photo by Duke University
Young, A. A (1876-1929)

 アメリカの経済学者。ハーバード,ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスその他の大学の経済学教授を歴任。経済理論と統計資料とを結びつける新しい経済学の課題をいちはやく取り上げ,創造的な教師として講壇から多大の影響を与えた。「収穫逓増と経済進歩」`Increasing Returns and Economic Progress' では,分業は市場の大きさに依存するというアダム・スミスの命題を再解釈して,全体市場の大きさが産業間の分業を導き,これが個別企業による内部経済の利益を実現する機会を増大し,企業規模の拡大をもたらすことから,経済進歩の最も重大な要因が全体市場の拡大すなわち外部経済による投資への刺激にあると主張する。こういう「外部=内部経済」のタイプが今日の均斉的成長論の根拠にされている。[主著]前記のほか:『新旧経済問題』Economic problems, new and old, Boston, 1927; Pigou's wealth and welfare, 1913; An analysis of bank statistics for the United States, 1924-27.(学)


Increasing Returns and Economic Progress (socsci.mcmaster.ca) The Economic Journal, vol. 38, 1928
Increasing Returns and Economic Progress (ecn.bris.ac.uk) The Economic Journal, vol. 38, 1928
Increasing Returns and Economic Progress (unimelb.edu.au) The Economic Journal, vol. 38, 1928
Some Limitations of the Value Concept (socsci.mcmaster.ca) Quarterly Journal of Economics, vol. 25, 1911
Some Limitations of the Value Concept (ecn.bris.ac.uk) Quarterly Journal of Economics, vol. 25, 1911
Some Limitations of the Value Concept (unimelb.edu.au) Quarterly Journal of Economics, vol. 25, 1911


Go back to Akamac E-text Links