Reviews by books or journals

下記の書籍や雑誌で AKAMAC が紹介されています。(最新のものから並べています。)

(Web上のものは数が多くてフォローしきれていません。一部は関連する箇所でリンクなどをしています。)

 「愛媛大学法文学部の赤間道夫教授のサイト。研究者個人のサイトとしては,「加藤哲郎のネチズン・カレッジ」と双璧と言っ ても過言ではないほど,アクセスも雑誌・書籍による言及・紹介も多数ある。E-text Links からは,経済思想史や社会思想史分野のE-text(約170)にリンクでき,スミスやマルサス,リカードはもちろん,オウエンなども含めてかなりの人物 の主要著作が原文で手に入る。著者の略歴と写真も掲載しており,この分野の人名録としても機能する。E-text からは,先生のプロジェクトである,マルクス「資本論」のドイツ語版が閲覧(世界初公開)できるほか,「剰余価値学説史」のE-text 化も精力的に進めている。サイト全体が「マルクス情報の宝庫」(加藤)であるが,「マルクス関係はほんの一部で,ぜひ全体を見てほしい」(赤間)と言われ るほど,日本・世界の多くの経済学研究サイトにつながるゲートとして貴重。また,講義のレジュメをpdf ファイルで提供するなどOpen Course Ware も試みており,book review(ブログ版)の充実ぶりも特筆に価する。」

【赤間コメント】
 最近進めているプロジェクトやブログまで紹介くださっています。ライブラリアンによる紹介はこの うえなく嬉しいものです。

 「さて,このようにして原典の全文を提供することは,データの入力作業と点検、サイトの構築などにかかる労力と時間、それ に見合う種々のコストを考慮する と、個人あるいは小規模の組織で一挙にできるものではない。しかし、インターネットで使用するWEBプログラムの優れているところは,リンク機能を用いる ことで,こうした個別的な成果を一纏まりの形にして提供できることである。上で取り上げた二つのサイトでも紹介されている赤間道夫氏がそのホームページで 提供している“ E-Text Links” (URL略:引用者)は,この機能を生かして関連分野の裾野を広げ,簡単な解説とともに,多くの古典文献の全文テキストにアクセスできる ようにしたサイトである(図6:略:引用者)。(改行)例えば,最近,経済学においても「進化」の概念が頻繁に用いられるようになっているが,赤間氏は, チャールダーウィン(1809-1882)を検索リストに加え,その『種の起源』1859年のテキストについて複数のリンクを張っている(――もっとも, 経済学史を振り返れば,「進化」への関心それ自体は「進化」概念が登場したときから存在したから,取り立てて新しいこととはいえない)。また,経済現象に 関する研究で言及されることは殆どないものの,経済学方法論ではしばしば取り上げられるイマヌエル・カント(1724-1804)の『純粋理性批判』 1781/87年や『実践理性批判』1790年,『判断力批判』1790年などの代表作の英語版全文テキストにも複数のリンクが張られている。ダーウィン やカントをインターネット上で読めるということは,こうした原典の全文テキストの提供が種々の分野で試みられていることを示している。(改行)赤間氏がこ の試みを始めたのは,インターネットが普及し始めるのとほぼ同時期の1990年代半ばからであるが,このリンクの存在は,経済学史研究者や経済学史に関心 を寄せる人たちの間では,日本のみならず国際的にも早くから知られ,その評価は現在でも高い。有名な古典的論文であっても,後世に出版された当該経済学者 の著作集や論文集には収録されずにきたものも数多くあって,それらの原文を確かめるために頼ることのできるリンクの存在は,貴重である。(後略)」

【赤間コメント】
 岡部さんのこの評でいかに勇気づけられたことか。リンクが切れているのが多いということもよく聞 くようになりました。いかに検索技術が進んだとしてもポータル的サイトの意義はあると確信しています。

 このたび岡本さんが彼を編集長とするメルマガで詳しく紹介してくださいました。

【赤間コメント】
 岡本さんは以前にも下↓に引用しているように,紹介してくださいました。これだけの評価がはたし てあてはまるのかどうか、被評価者としては冷や汗が出ます。これを励みにまた頑張ろうと思います。


Go back to Akamac Home Page