マルクス・エンゲルス研究者の会会則

第1条(名称と運営の中心)本会はマルクス・エンゲルス研究者の会と称する。本会の運営は若手の会員を中心として行う。

第2条(目的)本会は経済学をはじめ諸学術分野におけるマルクス,エンゲルス,マルクス主義に関する理論的ならびに実証的研究の内外の交流と向上を図り,会員の研鑽に資することを目的とする。

第3条(事業)本会は前条の目的を達成するためにつぎの事業を行う。

  1. (例会)討論を主体とした研究例会の開催。
  2. (国際交流)海外の研究者・研究団体との系統的な意見交換ならびに国内の見解の伝達と新資料その他の随時の入手。
  3. (会誌)イ.機関誌『マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究』の発行。
     ロ.会報の発行。
  4. その他,本会の目的を達成するために必要な事業。
第4条(会員)本会はつぎの会員をもって組織する。
  1. 普通会員 本会の目的に賛同する研究者。
  2. 協力会員 本会の目的に賛同して会費を納入したもの。
  3. 特別会員 本会の目的に賛同して会費を納入した研究団体。
第5条(入会)
  1. 普通会員 本会に普通会員として入会しようとする者は,会員2名の紹介により事務局に申し込み,役員会の承認を受けなければならない。
  2. 協力会員・特別会員 事務局に会費を添えて入会を申し込むこと。
第6条(会費)本会員は本会運営の費用として所定の会費を納めなければならない。

第7条(会誌配布)本会員は会誌の配布をうける。

第8条(退会)本会員は書面により事務局に通告すれば退会することができる。ただし退会にさいして既納の会費は払い戻さない。会費を滞納した者は退会扱いとする。ただし,滞納分を納入することにより会員資格を回復することができる。

第9条(役員)会務を処理するために本会につぎの役員を置く。
  1. 世話人 若干名(うち代表世話人 1名)。
  2. 編集委員 若干名(うち編集主幹 1名)。
  3. 事務局書記  若干名。
  4. 監事  2名。
第10条(選出)役員は総会において選任する。

第11条(任期)役員の任期は2年とする。ただし重任を妨げない。

第12条(職務)役員はつぎの各職務を執り行う。
  1. 世話人は本会の会務を処理する。代表世話人はこれらの職務を統括する。
  2. 編集委員は機関誌ならびにこれに関わる事業に与る。編集主幹はこれらの事業を統括する。
  3. 事務局書記は本会の常務を必要に応じて処理する。
  4. 監事は会計および会務の執行を監査する。
第13条(総会)
  1. 本会は毎年1回会員総会を開催する。
  2. 役員会が必要と認める時または3分の2以上の会員からの請求がある時は,臨時総会を開く。
  3. 総会の議決は出席会員の過半数を以てする。ただし本会則の改正は出席会員の3分の2以上の賛成を必要とする。
第14条(会計年度)本会の会計年度は毎年11月1日から翌年10月31日までとする。
(付則)この会則は1989年11月4日から実施する。


事務局:〒890 鹿児島市郡元1-21-30 鹿児島大学法文学部 橋本直樹
Tel:099-285-7598
Fax:099-285-7615
E-mail:hx@hokusin.leh.kagoshima-u.ac.jp

Go back to Marx-Engels-Marxismus-Forschung