国際シンポジウム:西洋における『イエ』
の発見 2011

 

研究目(概要)


 本研究「西洋における『家』の発見:日欧対比のための史的実証研究」は、萌芽研究「西洋における『イエ』の発見」の発展プロジェクトであり、日欧各国地域において市場経済形成期に顕在化する家の存在をより実証的に明らかにすることを目的とする。

 市場経済化に対応する村落社会の変貌を「家」という基層部分に着目して比較分析しようと考えるものであり、近年の小農理論的把握では捉えきれない近代的市場経済社会出現の複雑なプロセス自身を比較研究しようとする。


本研究計画では、

1)経済史および複数分野で混乱している日本の「イエ」研究を整理し、

2)市場経済形成期の日・欧各地域における家々を直系家族・農業経営組織体・住居を対比軸として歴史学的に抽出し直し、

3)「家」という観点から農村社会の市場経済化を再構成する。

高橋 基泰

790-8577

愛媛県松山市文京町3

愛媛大学法文学部総合政策学科

比較経済システム講座

西洋経済史分析

電話:089-927-9268(ダイヤルイン)Fax:089-927-9226

e-mail:moto@LL.ehime-u.ac.jp

Moto(yasu) Takahashi, Ph.D.

Western Economic History, Comparative Economic System Course,

Department of Comprehensive Policy Making,Faculty of Law and Letters, Ehime University, 3 Bunkyo, Matsuyama, Ehime 790-8577, Japan

Phone:+81-89-927-9268  Fax:+81-89-927-9226

 

 去る3月の東日本大震災により、延期を余儀なくされていた国際シンポジウムを来月下旬、以下の次第で開催いたします。

 報告者の意向その他諸々の事情で、プレセッションを東京で、また国際シンポジウ

ムを京都会場はそのままで、もうひとつは、わが愛媛大学にいたしました。

 どうぞ万障繰り合わせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。

*プレ・セッションを含め、招へい海外研究者を交えてのコミュニケーションとなるために、報告は英語でいずれもゆっくりと、また簡単に通訳を入れて行われます。


*プレ・セッションを含め、招へい海外研究者を交えてのコミュニケーションとなるために、報告は英語でいずれもゆっくりと、また簡単に通訳を入れて行われます。


○【第3回累積研究会】

 日時:2011年9月21日(水)13時~17時

 場所 愛媛大学サテライト・オフィス東京

(〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 キャンパス・イノベーションセンター:

JR田町駅前・南側)

http://www.ehime-u.ac.jp/section/satellite/

   2階 第3多目的ルーム(会議室)


英文報告1:「家」再論:東日本と西日本(仮)

   東北大学大学院経済学研究科教授・長谷部弘氏

英文報告2:社会学的家の再検討(仮)

   神戸大学大学院人文学研究科准教授・平井晶子氏

                (総合司会:高橋基泰)


◎【2011年度国際シンポジウム:西洋における『家』の発見・1】

 日時:2011年9月25日(日)10時~17時

 場所:大学コンソーシアム京都

(〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る キャンパスプラザ京都:JR京都駅前) 201会議室

http://www.consortium.or.jp/ 

 

 10時00分〜10時10分 趣旨説明 高橋

 10時10分〜10時30分 日本研究の見地から

  神戸大学大学院人文学研究科准教授・平井晶子氏

 10時30分〜12時00分 ドイツ研究の見地から

  ケンブリッジ大学 ジャニーネ・マエグレイス博士

 13時00分〜14時30分 イギリス研究の見地から

  ケンブリッジ大学 クレイグ・マルドルー博士

 14時30分〜16時00分 フランス研究の見地から

  パリ・セルジ・ポントワーズ大学 マリー=ピエール

   アリザバラガ博士

 16時00分〜17時00分  全体討論

                (総合司会:高橋基泰)


◎【2011年度国際シンポジウム:西洋における『家』の発見・2】

 日時:2011年9月27日(火)10時~17時

 場所 愛媛大学法文学部本館2階中会議室

(〒790-8577 松山市文京町3 城北キャンパス)


 (時間配分/報告順は第1回と同様)

高橋 基泰

790-8577

愛媛県松山市文京町3

愛媛大学法文学部総合政策学科

比較経済システム講座

西洋経済史分析

電話:089-927-9268(ダイヤルイン)Fax:089-927-9226

e-mail:moto@LL.ehime-u.ac.jp

Moto(yasu) Takahashi, Ph.D.

Western Economic History, Comparative Economic System Course,

Department of Comprehensive Policy Making, Faculty of Law and Letters, Ehime University,

3 Bunkyo, Matsuyama, Ehime 790-8577, Japan

Phone:+81-89-927-9268  Fax:+81-89-927-9226

報告者:〈イギリス研究の見地から〉

Dr. Craig Muldrew(University of Cambridge, Faculty of History, Queens

College, Reader)

http://www.hist.cam.ac.uk/academic_staff/further_details/muldrew.html


クレイグ・マルドルー氏は、遺産目録を用いた地方金融信用関係の研究 など影響力の

大きい研究をされていますが、2月、新著

Food, Energy and the Creation of Industriousness: Work and Material Culture

in Agrarian England, 1550-1780 (Cambridge Studies in Economic History -

Second Series) [Hardcover](Cambridge University Press, 2011)を出版されたばか

りです。今回、奉公人などを含めた家内労働力移動、食事を含めた家内消費経済につ

いても報告があります。


〈ドイツ(シュワーベン地方を中心に)研究の見地から〉

Dr. Janine Maegraith(University of Cambridge, Faculty of Economics, Research

Associate)

http://www.econ.cam.ac.uk/rstaff/maegraith/cv.pdf


ジャニーネ・マエグレイス氏は、現在ESRC project: ‘Human Well-Being and the

'Industrious Revolution': Consumption, Gender and Social Capital in a German

Developing Economy’ at the Faculty of Economics, においてドイツ・シュワーベン

地方の2村落に関する時系列的総合研究に従事しており、本研究プロジェクトと非常に

適合的な研究報告を提供していただきます。


〈フランス(ピレネー地方を中心に)研究の見地から〉

Dr. Marie-Pierre.Arrizabalaga (University of Cergy-Pontoise,  Associate

Professor)

http://www.n.u-cergy.fr/spip.php?rubrique2433


マリー=ピエール・アリザバラガ氏は現在パリ近郊ノルマンディー寄りに位置する

セルジ・ポントワーズ大学にて教鞭をとり、フランス南部ピレネー地域を中心に

Female Primogeniture System in French Basque Countryなど、今回のテーマと

密接に関連する研究をされておられます。フランスにおける「大きい家」の概念など

についても整理をお願いしています。

            

以上、英独仏の研究者をお招きし、それぞれの立場から、「家」および具体的事例に

ついて2つのペーパーをご報告していただきます。

                                                 

ABSTRACT:

-This paper argues that in order to understand changes in the living standards of labouring families over time, as well as patterns of work, it is necessary to consider the work and earnings of all family members, including children, in detail.  Certainly by the time David Davies and Frederick Eden came to write about the poverty caused by the great inflation in food prices after 1780, their key analytical tool was the family budget.  They were aware that before the rise in prices, and also of fertility, the availability of work in the cloth industry, or in projects of agricultural improvement had led to increased earnings through family work. Here I will demonstrate how family earnings increased in the period after 1660, as both agricultural and industrial production increased, showing how important it is to go beyond simply measuring wage earnings.  Agricultural historians have debated when crop yields went up, but certainly by 1700 England was producing enough grain to start exporting a surplus to the continent in most years once population stabilised.  The increased availability of food energy produced by agriculture also led to an increased number of people being able to work in non-primary sectors of the economy.  E.A. Wrigley has estimated that the percentage of the population engaged in primary agricultural production fell from 76% in 1520 to only 36% by 1801.  In absolute terms this meant that the population engaged in agriculture in 1800 was about 3,140,000 compared to 2,870,000 in 1600 even though the amount of land under cultivation had increased considerably and crop yields were much higher.  In addition the cloth industry grew in the period under consideration providing employment. There was a tremendous increase in the demand for labour in this period, much of which was met by the employment of women and children.