TeXの設定

El Capitan へのアップグレードに伴う設定

Mac OS X を El Capitan へアップグレードしたところ、様々な不具合が生じたため、その対処法を備忘録として書くことにしました。特にTeX 環境は壊滅的だったので、1から構築する場合の方法を書いておきます。詳細については以下のサイト、

OS X El CapitanでTeX環境をゼロから構築する方法

がとても分かりやすいです。

homebrew のインストール

新しいでTeX環境(2016年4月1日時点ではTeX Live 2015)をインストールするためにHomebrewをインストールする。Homebrewへ飛び、そのサイトに書かれているスクリプトをそのままコピーし、ターミナルに貼り付けて実行する。

TeX Live 2015 のインストール

homebrewがインストールされている下で、ターミナルから以下をそれぞれ実行

--------------(ここから)--------------
$ brew install caskroom/cask/brew-cask
$ brew cask install mactex
--------------(ここまで)--------------

※ TeX Live 2015 をインストールして、続いてアップデートする場合、ターミナルでエラーがでることがある。なので、インストールが終了したら一旦ターミナルは終了させること。

TeX Live 2015 のアップデート

インストールが終わったらアップデートする(アップデートはまあまあ時間がかかる)。再度ターミナルを起動させ、以下を実行する。

--------------(ここから)--------------
$ sudo tlmgr update --self --all
--------------(ここまで)--------------

※ 繰り返しになるが、TeX Live 2015 をインストールしてその続きでアップデートすると、エラーがでることがある。なので、インストールが終了したら一旦ターミナルを終了させ、もう一度起動させてから上記のコマンドを実行すること。

日本語フォント

ヒラギノを使うためのコマンド、ターミナルからそれぞれ実行(1つずつ)。

--------------(ここから)--------------
$ cd /usr/local/texlive/2015/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
$ sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
$ sudo mktexlsr
$ sudo kanji-config-updmap-sys hiragino-elcapitan-pron
--------------(ここまで)--------------

TeXShopの設定

設定プロファイルはpTex(ptex2.pdf)を選択(特に、旧バージョンを使っていた人は注意)。

TeXShopの環境設定



[内部設定]

パス設定
@(pdf)TeX、ADistiller(Ghostscript)
      @:/Library/TeX/texbin
      A:/usr/local/bin

pdfTeX
BTeX、CLaTeX
      B:pdftex --file-line-error --synctex=1
      C:pdflatex --file-line-error --synctex=1

TeX+dvipdfmx/TeX+dvips+distiller
DTeX、ELaTeX
      D:ptex2pdf -e -ot "-synctex=1 -file-line-error"
      E:ptex2pdf -l -ot "-synctex=1 -file-line-error"

TeXShopの環境設定



旧バージョンに関する備忘録

LaTeX2ε美文書作成入門(奥村 晴彦)の設定 スタイルファイルの保存場所

[Finder]→[移動]→[フォルダへ移動]→[/usr]
/local/teTeX/share/texmf-local/tex/latexの中

※ /usr/local/teTeX/share/texmf/ の中のファイル「ls-R」は削除すること

・フォントのパスの設定(だいじ!)

ターミナルで以下を入力

--------------(ここから)--------------
cd /usr/local/teTeX/share/texmf/fonts/opentype/
sudo rm *.otf
sudo ln -s /Library/Fonts/"ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" HiraMinPro-W3.otf
sudo ln -s /Library/Fonts/"ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" HiraMinPro-W6.otf
sudo ln -s /Library/Fonts/"ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" HiraKakuPro-W3.otf
sudo ln -s /Library/Fonts/"ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" HiraKakuPro-W6.otf
sudo ln -s /Library/Fonts/"ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" HiraKakuStd-W8.otf
sudo ln -s /Library/Fonts/"ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" HiraMaruPro-W4.otf
--------------(ここまで)--------------

詳しいことはこちらを参照。

画像の貼り付け

・MacでPDFファイルを貼り付ける方法
PDFファイルをCarbon Emacsで読み込み → 「mediabox」と検索、そこに書かれている4つの数値がBoundigBoxの情報(「bb=・・・」にこの数値を入力)

(例)
\begin{figure}
\includegraphics[width=□cm, bb=0 0 △ △]{○○○.pdf}
\caption{}
\label{}
\end{figure}

レイアウト(スタイルファイル)

便利なスタイルファイル wrapfloatはこちらからDL

インストール方法(wrapfloat.styの場合)

1.スタイルファイルが入っているフォルダ(c:/texlive/2013/texmf-dist/tex/latex/)に[wrapfloat]フォルダを作成、中にスタイルファイルを入れる。

2.ls-Rファイルのアップデート(コマンドプロンプトで「mktexlsr」と入力する、ディレクトリを変更する必要はない)。
ls-Rファイルをアップデートしないとコンパイルでエラーが出るので注意!!

… よく使うTeXの形式を集めています。

基本レイアウト

図の挿入

図のサイズを(80%に)変更

\begin{figure}[  ]
\hspace*{mm} \vspace*{mm}
\scalebox{0.8}[0.8]{\input{f:/.tex}}
\end{figure}

数式

\[
    \left\{
        \begin{array}{ll}
        \max & 6x_{1}^{\frac{1}{3}}x_{2}^{\frac{2}{3}} \\
        s.t. & p_{1}x_{1}+p_{2}x_{2}=m
        \end{array}
    \right.
\]

Windows
PLATEX2ε for WINDOWS Another Manual Vol.1(乙部 厳己 (著)、江口 庄英 (著))の設定 ・PATHの通し方

[スタート]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[システム]→[システムの詳細設定]→[環境変数]

ユーザー環境変数
変数 → PATH
値 → c:\ptex\bin

・texmacの設定

マクロの登録:[マクロ]→[マクロの登録]→ tecmac98.mac

その他 → キー割り当て

ニューヨーク 観光                                 copyright© SOGA Lab. All Rights Reserverd.